ニュース一覧

今年度の設置予定

計画中(20局)
インド2カ所、バングラデシュ2カ所、苫小牧、北見、名寄、東近江市、モンゴル、大阪市、富山市、ハワイ、小諸市、津市、タイ、佐久市、島根、福井、太田市、名古屋市

設置済み(5局)
鹿児島市、三木市、父島、大和市、いわき市

 

 

2017年07月20日

各受信局の状態

7月20日現在、各受信局の状況はつぎのとおりです。シグナル数に対するストローク数およびその%が表示されています。最近、開局した鹿児島局の%が上位に入ってきました。

また、沖縄局が3日間、父島局が2日停止していましたが、復旧しました。

 

 

2017年07月20日

20170718の落雷

7月18日、東京、神奈川で広範囲に落雷が発生し、停電やひょうの被害がありました。11時から17時の落雷の発生の様子をアニメーションにしました。

 

 

2017年07月20日

鹿児島県鹿児島市に設置

7月12日、鹿児島県鹿児島市で雷観測を開始しました。

ボランティア募集に応募していただいたM氏に感謝します。

現在、日本国内での受信局は、全体で19局になりました。そのうち湘南工大関係は16局、第三者は3局となっています。なお、一部の受信局は通信回線の不調で接続が不安定です。

 

2017年07月12日

兵庫県三木市に設置

7月9日、兵庫県三木市で雷観測を開始しました。

ボランティア募集に応募していただいたK氏に感謝します。

現在、日本国内での受信局は、全体で18局になりました。そのうち湘南工大関係は15局、第三者は3局となっています。なお、一部の受信局は通信回線の不調で接続が不安定です。

 

2017年07月09日

第6回気象文化大賞 報告会

5月28日、第6回気象文化大賞の報告会が旧南極観測船SHIRASE5002の士官室で開催されました。Blitzortungの日本での展開について発表しました。

 

2017年05月28日

小笠原諸島父島への設置計画

すでに北海道、沖縄に受信局がありますが、日本列島を囲むため、小笠原諸島父島への設置を計画中です。今のところ、6月16日(金)に竹芝桟橋を出発する予定です。

 

2017年05月23日

サイトをオープンしました。

雷現象技術情報に関するサイトをオープンしました。

リアルタイムの落雷位置情報など雷に関する情報を提供していきます。

2017年03月19日

電気学会神奈川支所の研究発表会で発表しました。

横浜国立大学で開催された電気学会東京支部神奈川支所の研究発表会で学部4年生が発表しました。テーマ名「VLF帯空電観測を用いた落雷位置標定システムによるオーストラリアの落雷分布」。この学生は、学会での発表が4回目となり、安定した素晴らしい発表となりました。

2017年02月21日