e-Residency

 

協力者であるMr.Tonuらのセキュリティシステムを導入する目的で、エストニア政府の電子市民になり、東京の外苑前のあるエストニア大使館で受け取りました。

Mr.Tonuから使い方を教えてもらいましたが、非常に画期的で、役所などの事務作業をしている人間が大幅に削減されるとともに、便利な電子政府のシステムだと感じました。

 

2019年04月13日